いくつ知ってる?コーヒーの豆知識クイズ!初級編

 

コーヒーが好きで毎日何杯もコーヒーを飲む人、毎朝の日課としてコーヒーを飲む人。

普段からよく口にするコーヒーだけど、あなたはコーヒーのこと知ってますか?

今回のブログでは、コーヒーの豆知識をクイズ形式でご紹介します!

 

コーヒー好きならわかって当たり前! 初級編 クイズ 3問!!

Q1. コーヒーの原料は?

Q2.ストレートコーヒー、ブレンドコーヒーの違いは?

Q3.アメリカーノコーヒー、アメリカンコーヒーの違いは?

 

答えはわかりましたか?

それでは、詳しい解説と一緒に答え合わせをしていきましょう!

 

詳しい解説と答え

Q1 コーヒーの原料は?

A.コーヒーノキから採取されたコーヒーチェリーの種子(コーヒー豆)を精製、焙煎、粉砕したもの。

 

解説

コーヒー豆ができる木のことを、和名ではコーヒーノキといいます。コーヒーの木ではなく、コーヒーノキなんです!

コーヒーノキは発芽から3~5年で白い花を咲かせ、その後50~60年に渡り、コーヒーチェリーと呼ばれる実をつけます。熟した果実は10日間程度の短期間で収穫され、生豆を取り出すコーヒー豆の精製が行われます。精製されたコーヒー豆を焙煎し、さらに粉砕します。

それをお湯または水で成分を抽出したものが、コーヒーです。

長い時間と手間ひまがかかって、みなさんが普段飲んでいるコーヒーになるんですね!

 

ストレートコーヒー、ブレンドコーヒーの違いは?

A.ストレートコーヒーは同じ地域で生産されたコーヒー豆だけを使ったコーヒーの種類。

ブレンドコーヒーはさまざまな国や地域、品種のコーヒー豆を混ぜ合わせて作ったコーヒーの種類。

 

解説

ストレートコーヒーはコーヒー豆をブレンドせずに、一種類のコーヒー豆のみで作られたコーヒーです。

ひとつの産地だけなので、産地ごとの特徴や個性、香りなどをダイレクトに楽しむことができます。

ブレンドコーヒーは数種類の豆をブレンドしています。

それぞれの豆の良いところや持ち味を活かしながら、数種類のコーヒー豆を合わせるので、1種類の豆だけでは出せない複雑な味わいや、新しい味を作り出すことができます。

 

Q3 アメリカーノ、アメリカンの違いは?

A.アメリカーノは、エスプレッソコーヒーに湯を注いで作るコーヒー。

アメリカンは、浅く焙煎したコーヒー豆でいれたコーヒー。

 

解説

多くの人が間違えやすいこの問題!

はっきりと違いをわかってる人、意外と少ないのではないでしょうか?

どちらも薄いコーヒーと勘違いしてる人が多いと思いますが、実は味わいは全く違います。

 

アメリカーノは、豆の種類がコレと言って決まっていなく、エスプレッソの味わいに左右されます。深煎りであればもちろん苦味が出ますし、浅煎りであれば酸味が出ます。

アメリカンコーヒーは浅煎りの豆を使うため、苦味は少なく、酸味があり、全体的にさっぱりとした味わいです。

 

エスプレッソをそのまま飲むと苦味とコクがかなり強いですが、お湯で割ったアメリカーノにすることですっきりと飲みやすくなります。

また浅煎りのコーヒー豆で作るアメリカンは深煎りのコーヒーに比べたら確かに薄く感じるのかもしれません。

このことから、どちらも薄いコーヒーとして共通認識されてしまったのかもしれませんね!

 

 

 

★まとめ★
 
今回はコーヒー好きなら、全問正解できたのではないでしょうか?
 
まだコーヒーのことをよく知らない方には、楽しみながらクイズを通して学んでくださいね♪
もっとコーヒーのファンが増えますように…!
次回のクイズもお楽しみに(^^)

 

貸会議室・イベントスペースの予約状況