第3のミルク「オーツミルク」とは?牛乳やアーモンドミルクとの違い!

オーツミルク|アーモンドミルク|違い|第3のミルク

近年、牛乳に代わった豆乳やアーモンドミルク、ライスミルクなどの植物性ミルクが注目されていますよね。その中でも最近世界中から注目されている「オーツミルク」をご存じですか?
本日は、第3のミルクとして注目されている「オーツミルク」の魅力に」迫ります!牛乳や豆乳、アーモンドミルクなどと比べて何が違うのかご紹介します。

第3のミルクとして大注目をあびる「オーツミルク」とは?

第1のミルクである「牛乳」、第2のミルクである「豆乳」に続き、第3のミルクとして注目されているのが「オーツミルク」です。
オーツミルクとは、オーツ麦と水を原材料として作られた植物性ミルクのことです。
オーツ麦は、不要性植物繊維と水溶性植物繊維のバランスがよく、栄養も豊富で、オートミールやグラノーラの原料としても有名ですよね。

オーツミルクは、日本人にも多い乳糖不耐症やアレルギーをもっている方だけでなく、ヴィーガンの方におすすめのミルクです。牛乳と比較してカロリーが低いのもうれしいポイント。

オーツミルクの味は、牛乳よりもあっさりとしており、豆乳やアーモンドミルクなどと比べるとクセがなく、飲みやすいです。麦の匂いは強すぎず、牛乳に近いコクがあり、ほんのりとした甘さがあります。

オーツミルクの栄養は

オーツミルク|アーモンドミルク|違い|栄養

オーツミルクは、特に食物繊維が多く含まれています。 不要性植物繊維と水溶性植物繊維のバランスがよく 、オーツミルクの食物繊維にはベータグルカンが多く含まれているので、悪玉コレステロールの低下、生活習慣病の予防、腸内環境の調整などに効果が期待できます。

また、体内では作ることのできない不飽和脂肪酸も豊富に含まれています。不飽和脂肪酸は、植物や魚の脂に多く含まれる体に良い油で、悪玉コレステロールを減らしてくれる効果があります。

牛乳とオーツミルクの違い

オーツミルク|アーモンドミルク|違い|牛乳

牛乳とオーツミルクを比べた場合、カロリーはほとんど同じでタンパク質は約1/3ですが、炭水化物は多く、総脂肪量が少ない(飽和脂肪酸もとても少ない)です。

牛乳に含まれる脂質は動物性なので、コクがあるのが特徴です。



また、原材料のオーツミルクは、コレステロールや乳糖、グルテンが含まれていないため、健康志向の方にも向いています。ただ、牛乳に含まれるカルシウムは、他の食品に含まれるカルシウムよりも吸収率が高いうえ、お値段的にもリーズナブルであるため、牛乳は日々の生活の中に手軽に取り入れやすいです。

豆乳とオーツミルクの違い

オーツミルク|アーモンドミルク|違い|豆乳|

豆乳は、大豆を絞った汁のことで、お豆腐の原料でもあります。豆乳は、大豆の風味が強いため、好みが分かれる飲み物でもあります。

豆乳を牛乳やオーツミルクの代用として取り入れる場合、不足要素が多くなります。豆乳には、カルシウム、ビタミンD、ビタミンB群が少なく補給が難しいです。だだ、豆乳は鉄分を多く含んでいるため、特に女性の方は積極的に取り入れたい要素を含む飲み物ですし、カフェなどで牛乳から豆乳に変更してカフェラテなどを楽しむ方も多いかとおもいます。大豆の栄養素を取りたい場合は豆乳ですが、牛乳の代わりとしての栄養素は含まれていないので、そこは注意して飲み分けていくことが大切です。

アーモンドミルクとオーツミルクの違い

アーモンドミルクは、その名の通りアーモンドから作られています。オーツミルクと同じ第3のミルクとして人気が高いです。また、オーツミルクや牛乳などと比べても、100gあたり15kcalとカロリーが低いのも特徴です。
また、アーモンドミルクはオーツミルクよりもあっさりとしており、アーモンドの香りもしっかり感じられますが、すっきりとした口当たりでクセがありません。



アーモンドミルクは、カルシウムやビタミンEも含まれているので、摂取することで抗酸化作用で老化防止も期待できます。ただし、アーモンドミルクは飲みやすいように砂糖などが含まれている場合もあるので買うときに確認してみてください。

では、オーツミルクとアーモンドミルクは、どちらの方が良いのでしょうか?環境面では、オーツミルクが優しいということから、サスティナブルの観点でオーツミルクが注目されているようです。

オーツミルクとアーモンドミルクはどっちがいいの?

オーツミルク|アーモンドミルク|違い|飲み方

今回はオーツミルクとその他のミルクについてご紹介してきました。 オーツミルクもアーモンドミルクもそれぞれ良い点のある第3のミルクです。どちらを飲んだらいいのか迷ったときは、その時の目的にあった飲み方をすることが大事です。カロリーを控えたい時はアーモンドミルクを、食物繊維を取りたい時はオーツミルクと使い分けることでよりカフェタイムが楽しめるかと思います。

貸会議室・イベントスペースの予約状況